ドアボタン方式による乗降方法について

JR水戸線では全ての普通列車で、ドアは乗客自らドアボタンを押して開閉するようになっています。
詳しい操作方法や、ドアボタン使用時の注意事項等をまとめましたのでご一読ください。


乗るときはドア右側のボタンを押す

ドア1 ドア2
乗るときはボタンの上の「ドア」の文字が点灯しているのを確認し、ボタンを押してドアを開けて乗ってください。
降りる人がいる場合、車内のボタンが押されてドアが開くことがあります。降りる人を待ってから乗車してください。
※「ドア」の文字が点灯していないときは、いくらボタンを押してもドアは開きません。


乗ったら閉、降りるときは開ボタンを押す

乗り方4
車内から見てドアの右側(外から入ったら左手側)にもドアボタンがありますが、こちらは「開」と「閉」があります。
電車に乗ったら、後から乗り降りする人がいないことを確認して「閉」ボタンを押してドアを閉めてください。
別に閉めなくとも電車が発車する前に自動で閉まりますが、大雨や暴風、さらには列車の行き違いによる長時間の停車など、
早めに閉めたほうがよい場合もありますので、乗ったら「閉」ボタンを押す習慣をつけてくれれば幸いです。

降りるときは、電車が停車して「ドア」の文字が点灯しているのを確認し、「開」ボタンを押してドアを開けて降りてください。
終点(小山駅、友部駅、水戸駅等)でもドアは自動では開きませんのでご注意ください。
なお、車外には「閉」ボタンはありませんので、電車を降りた後にドアを閉める必要はありません。
気を利かせて車内の「閉」ボタンを押しながらドアが閉まっている最中に降りる人も多いですが、
自身が挟まれたり、後から降りる人が閉まりかけのドアにぶつかってしまうような場合もありますので、十分配慮してください。


ドアを閉めておく理由

車内温度を保って、冷房や暖房などの空調の使用量を抑える省エネが一番の目的です。
4号車(水戸寄り2両目)は弱冷房車なので、猛暑の時などは開けっ放しが続くと冷房の効きが悪いように感じてしまいます。
ほかに、多くの水戸線利用者が夏場に体験しているであろう、大量の虫が入り込んでくるのも防止できます。


乗車中の注意点

駅に止まってもドアが開かないことをいいことに、ドアに寄りかかっている人がいますが、降りる人の邪魔になるほか、
乗る人が車外のボタンを押したときに荷物が戸袋に引き込まれたり、自身がホームへ転落する恐れがありますので大変危険です。
また、ドア脇に身構えてまったく動こうとしない人もいますが、ドアボタンがある側に立たれると
降りる人がドアボタンを押せず大変迷惑です。ドア付近(特に右側)の乗車は乗り降りの邪魔ですのでやめてください。
inserted by FC2 system