• 画像1
  • そもそも水戸線って何ですか?
    1889年1月16日に小山−水戸で開業した水戸鉄道が起源で、現在はJR水戸線として
    栃木県小山市のJR東北本線小山駅から茨城県笠間市のJR常磐線友部駅を結ぶ50.2kmの幹線です。
    茨城県内に終点を持つ鉄道としては県内初の路線とはなりますが、県内初の鉄路は日本鉄道奥州線で、
    水戸鉄道が開業する3年半前の1885年7月16日に大宮−宇都宮が開業、同時に古河駅も開業しました。
    水戸鉄道は1892年に日本鉄道に譲渡。1895年11月4日に土浦線(土浦−友部)が開業すると、
    1901年8月8日に水戸線の友部−水戸と土浦線、磐城線の水戸−岩沼が統合されて海岸線となり、
    水戸線は小山−友部になってしまいました。日本鉄道は1906年に国有化されると、
    その3年後の1909年10月12日に国鉄名称設定を実施。その際に水戸線の名称は残りましたが、
    区間は正式に小山−友部になりました。ちなみに国鉄名称設定時に路線名、区間が変わらなかったのは、
    水戸線のほかに現在のJR日光線、JR草津線、JR桜井線だけだそうです。

  • 画像3
  • 駅の数
    16駅(栃木県小山市1駅、結城市3駅、筑西市4駅、桜川市3駅、笠間市5駅)
    すべての駅で交通系電子マネー(Suica等)が利用可能
    ※一部の駅では現金による交通系電子マネーのチャージはできません。
     チャージができない駅での残高不足による乗り越し清算は、現金での支払いになります。

    各駅の情報は「駅情報」をご覧ください。

  • 画像2
  • 水戸線を走る車両
    ◇ E531系(青帯の4つドア5両編成)
    ◇ 651系特急形電車 ※臨時快速列車として運転
    ◇ E653系特急形電車 ※団体列車として運転
    ◇ E491系総合検測車両 ※点検車両の為、一般の人は乗車できません
    ◇ その他(485系高崎車、E655系なごみ、E001系トランスイート四季島など)

    ◇ DE10形ディーゼル機関車
    ◇ EF81形電気機関車
    ◇ 各種保線車両・工事用軌陸車

    各車両の紹介は ギャラリー > 勝田車両センター図鑑 をご覧ください。

  • 画像4
  • 営業列車の運転本数
    下り … 30本(下館止まり6本 / 友部止まり13本 / 常磐線直通11本)
    上り … 32本(下館始発8本 / 友部始発11本 / 水戸線直通常磐線13本<下館止まり1本含む>)

    季節の臨時列車(2019年運転実績または運転予定)
    快速「足利大藤まつり号」(いわき−桐生) ※春の大型連休に運転
    臨時普通列車(友部→下館) ※7月下旬の水戸偕楽園花火大会開催日に運転
    臨時普通列車(小山→友部) ※7月最終日曜日の小山の花火開催日に運転

    時刻表はJR東日本のホームページ等でご確認ください。
    試運転列車や配給列車などについてはデータベースのその他の時刻表をご覧ください。

  • 画像7
  • 接続路線
    小山駅 … 東北新幹線(すべてのなすの号と仙台発着のやまびこ号が停車)
          JR東北本線(上野東京ライン・湘南新宿ライン横須賀線直通)
          JR両毛線

    下館駅 … 関東鉄道常総線 公式ホームページ
          真岡鐵道 公式ホームページ

    友部駅 … JR常磐線(上野東京ライン)

    水戸駅 … JR水郡線(愛称 奥久慈清流ライン)
          鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 公式ホームページ

  • 画像5
  • 全国でも稀な交直両用区間
    JR水戸線の架線は特殊で、小山−小田林は直流1500V、小田林以東は交流20,000Vになっています。
    どうしてそうなったかという原因が、茨城県石岡市にある柿岡地磁気観測所です。
    直流(小山側〜2.4km)と交流(小田林側2.5km〜)の間はデッドセクション(死電区間)と呼ばれ、
    電気が通っていないので、走行中の電車は架線から電気を取り入れることができません。古いタイプの
    電車では、デッドセクション通過時に車内の電気が消えて非常電源に切り替わっていましたが、
    現在運転されている車両では走行中に車内の電気が消えることはありません(空調が一時的に切れます)
    どうしても車内の電気が消えるのを見たい人は、春の臨時快速「足利大藤まつり号」で体験できます。
    なお、JR常磐線(品川−取手のE231系除く)を含めて、終点に到着後の折り返し準備の際に
    交直切替試験が行われるため、このタイミングでも車内の電気が消えるのを見ることができます。

  • 画像6
  • 第二種鉄道事業者
    貨物列車は1本も走っていませんが、全区間でJR貨物が第二種鉄道事業者となっているため
    JR貨物のエリア別サービス案内(関東支社)の路線図にJR水戸線が掲載されています(笑)
    貨物列車の運行は2000年12月で終了しましたが、今なお免許を維持し続けている理由は不明です。

    小山駅 … 車扱臨時取扱駅
    川島駅 … 車扱臨時取扱駅(休止)
    下館駅 … 車扱臨時取扱駅(休止)
    友部駅 … 車扱貨物取扱駅及びコンテナの臨時取扱駅

    車扱(しゃあつかい)とは専用貨車で輸送する方式。現在は南流山駅経由となった安中貨物を初め、
    小山の日本製粉、川島の日本コンクリート工業、下館のミツウロコ、友部の日本たばこ産業など、
    専用線を発着する貨物は専用線発送車扱と呼ばれています。よく見るものとして石油輸送がそれです。
    そのほか、台車にコンテナを載せて輸送する方式もあります。

※このページに掲載されている情報は2018年12月16日現在のものです。
inserted by FC2 system