ホーム > 特集 > JR水戸線 震災の記録 > 3月23日

JR水戸線 震災の記録
地震発生から10日あまりが過ぎ、ようやく新聞等でもはっきりとした被害の状況が報道されるようになりました。
JR水戸線で一番被害が大きかったのは大和−新治にある大池付近で、湖畔ののり面崩落と線路変異があったようです。
陽炎で見づらいですが、現場に一番近い宮踏切から撮影。レールスターと保線員の姿が見えるあたりが現場のようです。
宮踏切
JR水戸線 震災の記録
続いて新治駅方を向いて撮影。こちらも陽炎の奥に保線員っぽい姿がうかがえましたが、何をしていたかは分かりません。
宮踏切
inserted by FC2 system