JR東日本運行情報

JR東日本公式サイトに掲載されている運行情報です。状況に応じて【○平常運転】、【△遅延】、【×運転見合わせ】と
表示されます。JR水戸線は関東エリアを選択。ページ中段の常磐方面に掲載されています。
※注意事項として30分以上の遅れが発生または見込まれる場合、「遅延」とご案内していますと表記がありますが、それほど万能ではなく
 1時間以上の遅れが発生していても○平常運転と表示されることが多々あります。なお、ページを開いたままでは自動更新されません。



どこトレ(JR東日本)

お使いのブラウザで運行情報をリアルタイムに確認することができるサイトです(アプリのインストールは不要)
よく利用する駅をMYリストに登録することで、サイトを開くだけで運転中の列車の運転状況を確認できます。
JR水戸線にも対応しています。詳しい使い方はこちらからご確認ください ※パソコン向けの使い方ページ

スマホやタブレットからも閲覧できます → http://doko-train.jp/sp/ (パソコンで見ると一部が表示されません)
※どこトレと検索して直接サイトを開くと、アクセスした端末を自動で判断して快適に閲覧できるようにされていますが、
 タブレット端末からアクセスするとパソコン向けサイトが開くことがあり、うまく表示されない場合があります。
 その場合はアドレスバーに表示されているURLの末尾の /pc/ を /sp/ に書き換えてみてください。
※ブラウザのキャッシュクリア(履歴の削除)、スマホやタブレットの本体のキャッシュクリアをすると、MYリストも消えます。



JR東日本アプリ

スマホ、タブレット向けの総合アプリケーションです。Google PlayまたはApp Storeにてjr東日本と検索すると
トップ候補に上がっています。よく使う駅や路線の情報を登録することができ、JR水戸線にも対応しています。
ただし運行情報は○通常通りや△遅延のみの表示となります。一方で、JR宇都宮線(湘南新宿ライン含む)や
JR常磐線(品川〜羽鳥)などの運行情報をリアルタイムで確認することができますので、
乗り換え列車の運行状況の確認などに役立てるかと思います。また、2017年3月31日より東北新幹線も対応しています。
※JR常磐線の羽鳥〜竜田・浪江〜仙台はどこトレに対応


JR東日本 列車運行情報

スマホ、タブレット向けの運行情報アプリケーションです。Google PlayまたはApp Storeにてjr東日本と検索すると
トップ候補に上がっています。よく使う路線の情報を登録することができ、JR水戸線にも対応しています。
当アプリの最大の特徴はプッシュ通知による運行情報のお知らせで、運転見合わせ、運転再開見込み、遅延、運休、
平常運転へ戻ったなど、逐一情報を受けることができます。(プッシュ通知の量は設定で変更することが可能です)
※端末によっては対応していないものがありますのでご注意ください(私のタブレットGalaxy Tab SC-03Gは一部機能が使えませんでした…)


茨城県内の私鉄各線の運行情報について

県内の私鉄各線(真岡鐵道関東鉄道常総線・竜ヶ崎線、つくばエクスプレス鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、
ひたちなか海浜鉄道湊線、筑波観光鉄道筑波山ケーブルカー・筑波山ロープウェイ)は
いずれも自社サイトのトップページで運行情報が配信されています。このうち、真岡鐵道鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、
ひたちなか海浜鉄道湊線は、公式ツイッターによる配信も行われています。
※担当者不在の場合はつぶやかれないこともあるようです。
inserted by FC2 system