ホーム > 特集 > 水戸線 ⇔ 停車場線 > 県道309号線「福原停車場線」

  • 画像1
  • 県道309号線「福原停車場線」は福原駅前を流れる稲田川の橋から福原駅前の交差点までを結ぶ
    全長約25mの県道でした。2008年4月に駅前の交差点で接続していた県道64号線の一部が、
    北関東自動車道笠間西インターチェンジと接続するバイパスの開通によって一般道に降格。
    2014年夏ごろに旧県道64号線のうち、福原駅前から国道50号福原交差点までが県道309号線に
    変更されました。これにより現在の全長は約1.2kmになっています。

    ちなみに全長25mでも十分短かったとは思いますが、日本で一番短い県道は
    広島県呉市にある県道204号線「安登(あと)停車場線」で、全長が7mしかないそうです。

    詳しい地図はこちら


inserted by FC2 system