ホーム > 特集 > JR水戸線 震災の記録 > 3月17日

JR水戸線 震災の記録
ここが落ちてしまったらどうしようもないと心配だった東結城−川島の鬼怒川橋梁ですが、崩落はしていませんでした。
鬼怒川橋梁
JR水戸線 震災の記録
昭和13年9月の台風被害で流失した橋梁跡の盛り土とレンガ部分にも、亀裂が入るなどの被害は無かったようです。
鬼怒川橋梁(川島駅側)
JR水戸線 震災の記録
一部関係者の話として橋が落ちているという情報が出ていることから、自分の目でも確かめてみました。
どこの橋とまでは情報が無いため闇雲に見て回りましたが、玉戸−下館にかかる大谷川橋梁も異常がないようです。
大谷川橋梁
JR水戸線 震災の記録
下館−新治で線路をまたぐ協和跨線橋から辺りを見回してみました(下館駅方を向いて撮影)
この辺りは小貝川も近く、田んぼが多いので地盤は軟弱かと思いましたが、そうでもないようです。
協和跨線橋
JR水戸線 震災の記録
続いて新治駅方を向いて撮影。安全点検のため多くの橋が通行止めとなっている中、この橋は何の被害もありませんでした。
協和跨線橋
JR水戸線 震災の記録
大和駅に到着すると、管理している地域住民が崩れた屋根の後片付けをしていました。
大和駅
JR水戸線 震災の記録
今回の地震で茨城県内ではグシと呼ばれる一番てっぺんの部分が崩落したところが多く、大和駅舎も同様の被害を受けました。
また、窓ガラスも割れたようで、ベニヤ板で補強されていました。グシの修復は6月末、窓ガラスの入れ換えは7月末でした。
大和駅
JR水戸線 震災の記録
石の町を象徴する石灯籠も崩壊。列車が来る5分前でしたが、人が通ってなくて人的被害はありませんでした。
大和駅
JR水戸線 震災の記録
ホームには所々細かいひびが入ってましたが、たぶん元からだったと思います
大和駅構内
JR水戸線 震災の記録
大和−岩瀬にかかる桜川橋梁。橋の部分だけ線路が盛り上がってるように見えますが、これは元からの構造です。
運転見合わせから間もなく1週間。線路は次第に錆び始め、どこからともなく飛んできた枯れ草が線路に被さっています。
桜川橋梁(烏山街道踏切から岩瀬駅方を向いて撮影)
JR水戸線 震災の記録
羽黒−福原の北関東自動車道との併走区間にある新地踏切から羽黒駅方を向いて撮影。
ここは周囲が山々なので土砂崩れの心配がありましたが、大丈夫だったようです。
新地踏切
JR水戸線 震災の記録
続けて福原駅方を向いて撮影。北関東自動車道も通行止めは続きましたが、ここの橋脚はしっかりしていました。
新地踏切
JR水戸線 震災の記録
福原駅には列車は無く、駅員さんもいないようでひっそりしてました。
駅前では笠間市役所の職員さんが給水活動を行っていましたが、電気が復旧したこともあり訪れる人影はありませんでした。
福原駅
JR水戸線 震災の記録
一見した限りでは福原駅構内には異常は見受けられませんでした。
福原駅
JR水戸線 震災の記録
福原−稲田にある関戸踏切から福原駅方を向いて撮影。この辺りは山間部とは言え、稲田川が線路に沿うように流れているので
地盤が弱いのか微細な線路変異があったようです。この時はまだ復旧作業は始まっていなかったので、気付きませんでした。
関戸踏切
JR水戸線 震災の記録
続いて稲田駅方を向いて撮影。右側の田んぼのさらに右側に線路と並行する市道があるのですが、大きく陥没していました。
関戸踏切
JR水戸線 震災の記録
稲田駅に近い長峰踏切から福原駅方を向いて撮影。運転再開後にJR水戸支社が発表した被害状況および復旧作業の様子に
この辺りが写っていました。一見すると異常はないように見えますが、揺れの規模を考えれば何も無い訳なかったと思います。
長峰踏切
JR水戸線 震災の記録
続いて稲田駅方を向いて撮影。東に進むに連れて家屋の被害も多く見受けられ、ブルーシートを被った屋根が目に付きます。
長峰踏切
JR水戸線 震災の記録
笠間−宍戸にある第一逆川踏切から笠間駅方を向いて撮影。この辺りは特に異常はなかったようです。
第一逆川踏切
JR水戸線 震災の記録
続いて宍戸駅方を向いて撮影。こちら側も一見したようじゃ異常は見受けられませんでした。
第一逆川踏切
JR水戸線 震災の記録
第一逆川踏切近くの国道355号線バイパス工事の始点にある名物の大花瓶が無残な姿に。
JR水戸線の車窓からも良く見えた「何じゃこりゃ」的な名所がなくなってしまいました。
第一逆川踏切付近
JR水戸線 震災の記録
台座と中に入っていた支柱だけが残りました。(支柱も後に撤去され台座のみに)
第一逆川踏切付近
inserted by FC2 system