ホーム > 特集 > 廃線めぐり > 小山短絡線・中線

小山短絡線は小山駅を経由せずに国鉄東北本線の上野方面と国鉄水戸線を直通することができた線路です。
小山駅に到着するJR水戸線と、上野方面へ走っていくJR宇都宮線は進行方向が逆になります。
つまり貨物列車が直通するには機関車を前後に付け替えなければなりませんが、それを省略する目的で1950年に作られました。
最盛期には貨物列車だけにとどまらず急行列車の往来もありましたが、1992年に廃線。2006年には設備が撤去されました。
跡地には小山市が公園(遊歩道)を作る計画でいましたが・・・

第二境街道踏切(東北本線79K540M)

  • 小山短絡線1−1
  • 小山駅西口から新幹線の高架下を南へ徒歩15分ほどの第二境街道踏切に上野側の始点があります。
    踏切に柵はありますが、それほど高くないので線路跡をうかがうことは容易です。
    まずは上野側。設備が撤去されるまでは線路や分岐器が残り、進入防止の枕木が置いてありました。
    何も無い現在ではちょっとした隙間にしか見えません。

  • 小山短絡線1−2
  • 続いて結城側。廃線跡と歩道の仕切りはガードパイプなので、普通に中を見ることができます。
    元々は踏切と廃線跡の間にフェンスはありませんでしたが、廃線跡の一部が民間に売却され始めた
    2017年冬頃にフェンスが増築されました。おかげで廃線跡がくっきり分かるようになっています。
    踏切と廃線跡の境界にフェンスが無かったころのはこんな感じ → 画像

    フェンスの設置によってガードパイプとの間がガバガバに開いていますが、
    私有地なので許可無く侵入したり物を捨てたりすると怒られます。

  • 小山短絡線1−4
  • 1997年秋ごろにTBC学院小山校(当時は国際テクニカルデザイン専門学校)から「写ルンです」で
    撮影した写真です。丁度真ん中に光のスジが入って見づらいかと思いますが、485系「華」の下、
    色の異なる畑の間にある線路が小山短絡線です。当時は電柱や架線、踏切設備なども残っていました。
    今は切り売りされたようで、JR東北本線との間の畑の一部を含めて造成されています。
    ※この写真は私有地からの撮影ですが、正当な理由で入って撮影したものです。

三峯1丁目付近(TBC学院小山校の裏)

  • 小山短絡線2−1
  • 線路は駅南の住宅街を緩やかな弧を描いて繋がっていました。先に記述したとおり、
    2006年に線路や踏切が撤去されたので、現在は遺構らしい遺構はほとんど残っていません。
    それどころか公園として整備されるはずが、宅地に変貌するとは思ってもみませんでした。
    手前の小屋(ゴミ置き場)と、その奥の平屋建ての建物がかつての小山短絡線になります。

    変調に気付いたのは2019年初め。何気なくgoogleマップを見ていたら建物を作ってる様子が
    写っていました。すぐさま調べると2018年夏ごろから建設工事が始まっていたようです。
    ※2019年8月時点でgoogleマップの仕様変更により古いマップに差し替わっていて見れません。

  • 小山短絡線2−2
  • 現地を訪れたときは西日がきつかったので、TBC学院小山校のほうは撮影しませんでしたが、
    ふと足元を見ると枕木が落ちていました。造成した際に出土したものが放置されていたようです。
    周囲にはバラストも散らばっていますが、造成されたところには残っていませんでした。

三峯2丁目付近(三峯神社付近)

  • 小山短絡線3−1
  • 宅地に変わったのはTBC学院小山校の裏から三峯神社付近にかけての105メートルほど。
    建物の名前から察するに不動産業者が建てた一軒家の借家のようです。すでに住んでいる方も
    いらっしゃるようなので、正面切って撮影するわけにもいかないので写真はありません。

    一方の結城側はまだ手付かずの状態。廃線跡はぽっかりと空いています。看板には鉄道用地内に無断で
    入ったりゴミを捨てると処罰する旨が書かれていますが、小山市が公園にするという計画だったから
    すでに小山市の土地とばかり思っていました。計画が進まない、もしくは頓挫したために民間への
    販売に至ったのでしょうか。そう考えるとこの先もどんどん宅地になっていく可能性もありそうです。

    ※ここは歩道がない上に非常に交通量も多いので、見学の際は十分ご注意ください。

三峯2丁目付近(三峯2号公園付近)

  • 小山短絡線4−1
  • この辺りは閑静な住宅街です。列車が往来していた当時は住宅地の間に畑が点在するのどかな
    ところだったようです。この辺りだけ線路跡が周囲より1段高くなっていますが、
    踏切のあった場所や周辺道路の高低差を見る限りでは、廃線後に盛り土した感じに思えます。

  • 小山短絡線4−2
  • 廃線跡はくまなく見てみたつもりですが、まったくもって線路だった形跡を思わせるものがありません。
    そんな中、ようやくそれっぽいモノを発見。近づいて見てみると小山都市瓦斯(現在の北日本ガス)が
    埋めたガス管の標識でした… まだ列車が頻繁に往来していた時に設置されたようです。

水戸線接続部分

  • 小山短絡線5−1
  • 定期的に草刈りは行っているようですが、中には花壇と化していて、憩いの場となっているところも
    ありました。JR東日本から借り受けているのか、近隣住民が勝手にやっているのかは分かりませんが、
    JRも草を刈る手間や費用を考えればウィンウィンの関係ってやつなのでしょうか。

  • 小山短絡線5−2
  • 県道339号線の陸橋に登ると、小山短絡線と水戸線が分岐していた地点をよく見ることができます。
    JR水戸線との接続部分は、線路が残っていた当時は分岐器も残っていました。
    現在、分岐点付近には軽乗用車が3台ほど止められるスペースが舗装されて確保されていますが、
    ロープが張ってあって中に入ることはできず、何に使われているかまったく分かりません。

    ここからはJR水戸線の線路沿いを新幹線の高架に向かって歩けば10分ほどで小山駅に戻れます。

第1回調査日:2016年2月27日
第2回調査日:2018年12月8日
第3回調査日:2019年4月6日(8月15日追加調査)


小山短絡線は廃線マニアの間では有名な場所ですが、小山短絡線中線となるとなかなか知られていないと思います。
現に付近には痕跡を匂わせるスペースすら残っていないので、廃線跡を探し出すのに一苦労するかと思います。
小山短絡線中線は短絡線の始点がある東北本線の第二境街道踏切から南へ800mほどのところにあったそうです。
当時の資料と現在の立地条件を合わせると、今のJR東北本線の下り本線が中線に該当し、下り本線だった部分は東北新幹線の
建設工事の際に土地が転用されたと思われます。今後、詳しく調査していきたいと思います。

調査日:2018年12月8日


詳しい地図はこちらをご覧ください
inserted by FC2 system