ホーム > ギャラリー > 勝田車両センター図鑑 > EF81形電気機関車(田端車)

  • EF81形
    配置一覧はこちら
  • 赤いボディが特徴のEF81形電気機関車
    EF81形電気機関車は交直両用の機関車で、田端運転所のEF81形は寝台特急「北斗星」や
    「カシオペア」の牽引機として活躍していたほか、JR常磐線で貨物列車の牽引も務めていました。
    蒸気機関車のD51形がデゴイチと呼ばれるように、EF81形もパーイチと呼ばれ親しまれています。
    茨城県内で見ることのできるEF81形のほとんどはJR東日本の田端運転所に属する機関車ですが、
    配給列車などでは双頭連結器を備えた長岡車両センターなどのEF81形がやってくる場合もあります。
    現在、東日本に残っているEF81形は全てJR東日本が所有し、田端、長岡の他に秋田車両センターに
    属する機関車もあります(青森車両センターの機関車は廃車または転属しました)

    基本的な車体カラーはJR東日本、JR貨物問わずローズレッドと呼ばれる深みがかった赤ですが、
    81号機や97号機はローズピンクという若干薄い赤色となっています。また、車体側面に寝台特急
    「北斗星」牽引の証である流れ星がペイントされた機関車も現存しています。一方、「カシオペア」に
    充当されいたEF81形はオリジナルの塗色で、鉄道ファンからカシ釜と呼ばれて親しまれていました。
    カシ釜は貨物運用に入ることはありませんでしたが、EF510形の登場によって一線を退いた後は、
    貨物列車の牽引を務めることも度々ありました。なお、カシ釜塗装は2012年1月に消滅しています。






  • EF81形
  • 運用の遍歴と現在の運用
    EF81形といえば寝台特急「北斗星」、「カシオペア」ですが、2010年7月14日を最後に後継機の
    EF510形に役目を託しました。しかし東日本大震災の影響で日本の貨物事情が激変し、EF510形は
    JR貨物に売却されることになりました。EF510形の売却が完了するころには寝台特急自体の運転が
    終了してしまいましたが、寝台特急「カシオペア」は「カシオペアクルーズ」となって運転を始め、
    再びEF81形が牽引を務めています(一部のツアーはEF64形の単機またはEF64形との重連で運転)

    JR水戸線でも過去には客車列車や貨物列車が走り、EF81形のほかに常磐線・水戸線専用のEF80形と
    肩を並べて運転されていました。1982年11月には客車列車が廃止。次第に貨物列車も減少します。
    そして最後まで残ったのが安中貨物の愛称で親しまれている東邦亜鉛株式会社の専用列車でした。
    この列車は福島臨海鉄道宮下駅を出発し、JR常磐線泉駅からJR信越本線安中駅を結ぶ貨物列車で、
    小山駅経由で輸送に1日半をかけていましたが、貨物輸送の高速・効率化とJR両毛線の貨物輸送の
    廃止により2000年12月にJR高崎線経由に変更され、JR水戸線から貨物列車が姿を消しました。
    以降、JR水戸線でEF81形を見る機会は大幅に減り、現在はほぼ見ることはできなくなっています。

    JR常磐線の貨物列車は2010年12月のダイヤ改正でEF510形に置き換わりましたが、東日本大震災の
    影響により2012年までは代走が見られました。また、EF81形やED75形が牽引する貨物列車が走って
    いた当時から水戸駅にはEF81形の常駐機が配置されていて、その名残として現在も2両のEF81形が
    水戸駅構内(赤塚寄り)の隅田川機関区水戸派出所付近に止まっているのを見ることができます。
    常駐機の交換は1週間に1回ほど行われるほか、JR水郡線から運ばれてきたバラスト列車を東京方面へ
    運んだりと、それなりの頻度で動いている姿も見ることができます。

  • EF81形
  • 今後の動向
    先述の通り、田端運転所のEF81形はEF510形で置き換えられるはずでした。しかしEF510形は
    JR貨物に売却され、結果としてEF81形が残ってしまいました。2013年3月でJR貨物の委託輸送も
    終了したことから、現時点では工臨や配給列車といった場面でしか活躍の場は無く、甲種輸送では
    EH200形やEH500形が主流になりつつあります。DE10形ディーゼル機関車同様、残った者の車齢は
    どれも40年を超えていますが後継機導入の計画が無いため、どれほど使い倒すのか気になります。
inserted by FC2 system