ホーム > ギャラリー > 勝田車両センター図鑑 > E531系
  • E531系
    編成表はこちら
  • 交直両用車にも新世代車両が登場
    E531系は403系・415系の後継機として2005年3月に登場した新世代近郊形車両です。
    4ドアなので通勤型だと思われますが、首都圏の近郊路線で広く活躍するE231系、E233系や、
    その親戚に当たるE531系は新世代近郊型に分類されています。
    最高速度は130km/hで、在来線の普通列車としては日本一の速さを誇ります。

    投入数は10両固定の基本編成22本と5両固定の付属編成14本(計290両)を投入予定でしたが、
    途中で計画が変更になり、このうち基本編成の付随車44両(各編成の4号車と5号車)が
    2階建てグリーン車に変更され、さらに付属編成が2本追加され16本となりました。(計300両)
    さらに2010年8月にはE501系基本編成の改造工事に伴う予備車として付属編成が2本増備されます。
    2014年には上野東京ラインの開業に向けて基本編成を1本増備、415系1500番代の置き換え用に
    付属編成が7本追加新造されました。2015年にはJR水戸線、JR東北本線向けとなる寒冷地仕様の
    3000番代が新造され、2016年度末までに7本が出揃います。(計390両)
    さらに2017年10月の上野東京ライン増発に向けて基本編成を3本、付属編成を2本増備しました。
    ここまで基本編成26本、付属編成34本の総計430両となりましたが、さらに東日本大震災の影響で
    不通となっている区間の運転再開に向け、付属編成が6本増備されて460両の大所帯となりました。


  • E531系


    E531系
  • 運用の遍歴と現在の運用
    415系の後継機としてJR常磐線の上野−四ツ倉とJR水戸線での運転が計画されていましたが、
    まずは2005年7月からJR常磐線の上野−土浦に新規設定された特別快速を中心に運転を開始します。
    JR水戸線では2006年8月26日から翌年3月17日まで、暫定運用として期間限定で運転されました。

    2006年8月から基本編成の一部はグリーン車を連結したまま上野−いわきで運転を開始します。
    グリーン車はお試し期間ということで無料開放されましたが、2007年3月のダイヤ改正より
    グリーン車の営業を開始し、運転区間も上野−高萩となりました。
    2015年3月のダイヤ改正で上野東京ラインが開業すると、南は品川まで乗り入れるようになります。
    2017年10月のダイヤ改正では下り最終列車1本のみが大津港まで乗り入れるようになりましたが、
    2019年3月のダイヤ改正で運用は消滅し、再び運転区間は品川−高萩となっています。

    付属編成は品川−土浦では基本編成に増結される形で運転され、土浦−原ノ町では単独運行しています。
    ただし一部例外もあり、土浦−水戸−いわきで付属編成同士による10両での運用もあります。
    JR水戸線では2006年8月から翌年3月までの暫定運用以降は臨時快速や415系1500番代、E501系の
    代走として走っていましたが、2014年12月より定期運用を開始します。2016年3月のダイヤ改正で
    データイムの運用が一旦消滅しますが、2017年10月のダイヤ改正で復活。そしてE501系の
    度重なる故障によって、2018年8月末にJR水戸線の全ての普通列車がE531系に置き換わりました。
    なお、勝田7時26分発の小山行きはJR東北本線への送り込み、小山10時37分発の勝田行きは
    JR東北本線からの返却を兼ねるため、3000番代での限定運用となっています。

    3000番代は2017年10月のダイヤ改正よりJR東北本線黒磯−新白河(白河)で運転を開始します。
    7本(35両)ありますが運用は3パターンだけなので、余った編成は上野東京ラインやJR常磐線でも
    運転されています。2020年3月のダイヤ改正より黒磯−新白河(白河)は全て3000番代で運転され、
    合わせてワンマン運転を実施しています。

    E501系は予備編成がないため、故障や点検の際はE531系が代走を務めています。
    E501系基本編成の代走の場合、定期検査など予め決まっているものは付属編成を2本使用しますが、
    突発的な故障等の場合は基本編成が代走に就くこともあり、その際はグリーン車は無料開放されます。


  • E531系




    E531系
  • 車内設備
    列車は品川・小山寄りが1号車、原ノ町寄りが10号車(付属編成は5号車)となります
    基本編成のトイレは1号車、5号車、10号車、付属編成は1号車(11号車)に設置されています。
    5号車はグリーン車なので、主な駅の発車後に流れる車内放送では案内されないことがあります。
    なお、すべてのトイレで車椅子対応となっています。

    付属編成の1号車という表記ですが、付属編成がJR水戸線やJR常磐線の土浦以北で単独運用を
    開始したことに伴い、車内に貼ってあった11〜15号車の車番シールはすべて撤去されています。
    現在はドア上の電光掲示板に号車番号が表示がされていて、単独運行時は1〜5号車と表示されます。
    ただし、単独運行でも時々6〜10や11〜15号車と表示されるときもあるのでご注意ください。

    座席は基本編成は1・2・9・10号車がセミクロスシート。3・6〜8号車がロングシートですが、
    K412編成〜K422編成はグリーン車組み込みの過程で、9号車もロングシートになっています。
    4・5号車はグリーン車です。乗車するには乗車券のほか、普通グリーン券が必要となります。
    グリーン券はみどりの窓口や券売機、ホームにあるSuica専用端末から購入することができます。
    グリーン券を購入せずに乗車し、車内でグリーンアテンダントから購入すると260円も高くなります。
    付属編成は1・2号車がロングシート、3〜5号車はセミクロスシートで、グリーン車はありません。
    3000番代はJR東北本線内では編成が逆向きになるため、黒磯寄りが1号車、白河寄りが5号車で、
    座席は1〜3号車がセミクロスシート、4・5号車がロングシートで、トイレは5号車となります。

    車椅子・ベビーカースペースは1・10号車(付属編成は1・5号車)にあります。
    優先席は各車両とも品川寄り(小山寄り)で、トイレのある車両はトイレ近くの座席となっています。
    優先席付近はつり革が黄色になっていたり、座席自体の色も違うので、見た目で違いが分かります。
    ※編成が逆向きとなるJR東北本線内では、5号車を除いて白河寄りになります。

    ドア上の電光掲示板は2段表示になったため、上段に行き先や次の停車駅、到着時に駅名を表示し、
    下段はJR東日本からのお知らせや、運行障害発生時のみ運行情報が流れる仕組みになっています。
    ドアは開閉時にチャイムが流れるほか、上部に開閉警告ランプもついています。
    なお、JR水戸線とJR常磐線の土浦以北では駅に着いてもドアは自動では開かず、ドア右側にある
    ドアボタン(開閉ボタン)を押して乗客自らがドアを開閉をするようになっています。
    余計な開け閉めを減らして車内の温度を一定に保つことで、省エネに繋がっています。
  • E531系
  • 改造
    主だった改造はまだ行われていませんが、基本編成のK406編成は2017年3月の郡山入場に際し、
    線路モニタリング装置が付けられました。E491系による総合検測は3〜4ヶ月に一度行われますが、
    同車の負担軽減と異常の早期発見を目的に、各線区で導入されるようになりました。
    2019年4月にはK411編成にも線路モニタリング装置が取り付けらましたが、K406編成の方は
    2019年8月末に取り外され、代わって付属編成のK478編成に取り付けらました。

    付属編成のK553編成は2018年4月の郡山総車セ入場に際し、ホームモニターが取り付けられました。
    装置は乗務員が乗客の乗降時の安全確認を行うためのもので、1年ほど試験運用が行われていましたが、
    2020年3月のダイヤ改正よりJR東北本線の黒磯−新白河でワンマン運転が開始されることとなり、
    ホームモニターの無い他の編成にも2020年1月までに取り付けられました。

  • E531系
  • 2階建てグリーン車の組み込みについて
    本来であればJR常磐線には2階建てグリーン車は組み込まれる予定はありませんでしたが、
    製造途中での仕様変更ということで編成による差異も少なからず出ています。
    K407編成〜K411編成は組み換えを考慮して、サハE530形2000番代が多めの10両編成で落成され、
    K412編成〜K422編成については4・5・6・9号車を抜いた6両編成で落成されています。
    組み換えはK401編成〜K411編成はそのまま4・5号車をグリーン車に差し替え、K412編成以降は
    6号車にK407編成〜K411編成のサハE530形2000番代を、9号車にK401編成〜K407編成の
    サハE531形2000番代を組み込みました。このサハE531形2000番代というのがロングシート車両で、
    結果としてK411編成以前とK412編成以降で9号車の座席配置に差異が出てしまいました。
    後に登場するK423編成からは、再びセミクロスシートになっています。

    2階建てグリーン車のサロE531形については編成番号と車番が揃っていないように見えますが、
    これは組成順となっているため、どの編成からグリーン車を組み込んだかを知ることができます。
    組成はK410編成を除き、郡山総合車両センターで実施されました。
    K423編成以降は最初から連結されている状態なので、通し番号となっています。
  • E531系
  • JR東北本線でのワンマン運転
    ワンマン化工事はホームモニター設置のほか、車内の一部ドア横に非常用はしごが設置されたのみで、
    運賃箱などは設置されませんでした。なので無人駅かつ券売機の無い高久、豊原、白坂の3駅については
    乗り越し等の際は、不足分の現金を駅にあるきっぷ・運賃箱に直接入れることになります。
    なかなか面倒なことになるので、駅のポスター等できっぷは正しく購入するよう呼びかけています。
    なお、3000番代がワンマン運転を行っている区間では、Suica等のIC乗車券は利用できません。

    列車の乗降方式も一般のワンマンカーとは異なり、好きなドアから乗降できます。
    下車する際、わざわざ先頭車両に行って運転士にきっぷや定期券を見せる必要はありません。
    きっぷは駅にあるきっぷ・運賃箱へ入れればOKです。
  • E531系
  • 今後の動向
    JR常磐線の全線運転再開に合わせて増備されたグループのうち、最後の4本(K480〜K483編成)は
    初めからドア上にホームモニターが付いた状態で新造されました。いずれは全ての付属編成に設置され、
    JR水戸線やJR常磐線の水戸以北でワンマン運転が始まる可能性もあるようです。

    車両自体については2019年より付属編成で車体保全(旧全般検査)が始まっていますが、
    2020年度には機器更新も始まるようです。導入時期によって15年もの車齢差がありますが、
    先行量産車は折り返し地点に到達しています。
inserted by FC2 system